20代サラリーマンの暗中模索の日々

20代もがきながら成長していきます。お金、効率的な働き方、将来のことについていろいろ語ります。

【必見】会社は使われる場という考え方から脱却しよう!

ネット上では、自分が勤めている会社の愚痴や文句があふれています。

もちろん、本当にブラック企業だったら早く脱却すべきです。

 

しかし、いつも自分が勤めている会社の文句ばかり言っている人は、

会社に「使われる」場所という意識が強過ぎるのではないでしょうか。

 

もし、今あなたが勤めている会社が、ブラック企業ではなく、

多少の不満はあるものの、辞める積極的な理由がないのであれば、

会社は「使われる場」ではなく、

会社は「お金を稼ぎながら自分のスキルを磨ける場」と

割り切るべきです。

 

会社では、机上の勉強では、得られない活きた練習問題がたくさん転がっています。

 ・最低限のビジネスマナー

 ・企画書の書き方から、エクセル、ワードの使い方

 ・プレゼンのやり方

 ・自社のマーケティングの方法

 ・マネージメントのやり方、組織の仕組み

 ・会議の準備、進め方

 ・自社の決算書

などなど、

これらのスキルは決して本を読んでいるだけでは、得られないスキルですし、

本で得た知識を実践して、自分のスキルに変換する絶好の場です!

 

また、自分が勤めている会社の良くないところがあれば、

どうすれば改善するかを考えるのもいい勉強になります。

 

会議の準備などがくだらないと思うのであれば、

手を抜いてでもこなせるように自分のスキルを高めるべきです。

 

高いモチベーションで

会社に貢献しながら自分のスキルを高めることができれば、

自分にとっても会社にとってもプラスですし、

 

会社の評価が上がって、自分が会社に残りたいと思えば残ればいいですし、

残るつもりがないのであれば、

自分が会社で得たスキルを活かして、転職すればよいのです。

 

自分の勤めている会社に不満も持ちながらも

積極的に辞める理由がないのであれば、

不平不満を言うだけではなく、

会社を使っていかに、自分のスキルを身に着けられるか

考えてみるのはいかがでしょうか!